褥瘡対策室

褥瘡対策室の紹介

褥瘡対策室は、2016年10月から看護師1名、管理栄養士1名の新たな看護部の組織として発足しました。褥瘡のある患者さんのケアだけでなく、発生リスクのある患者さんに対しても予防的ケアを多職種から提供できることを目的として活動を行っています。

褥瘡発生の原因は圧迫だけでなく、オムツ使用、栄養状態の低下、るいそう(痩せ)など様々な原因があると考えられています。

私たちは、専門職としてそれぞれの専門的立場で、食事から排泄までのサイクルへ
介入し、褥瘡予防・ケアに努めています。

TOP